Work "OUR" Light 〜Juan's blog〜

ブルーレイチルドレンJuanの、スピリチュアルな?つぶやき

ゴールデンチルドレンとは?

スターシードの分類として出てくる、〜チルドレンという仲間たち。地球にやってきた年代とか、担う役割などから、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレンと呼ばれています。

今の30〜40代の親世代に多いのがインディゴで、今ある常識を改革していく役割があります。ちなみに私は、世代的にはインディゴですが、性質を考えるとパイオニアインディゴと呼ばれるブルーレイチルドレンである、と捉えています。

 

今の20代以下の子供たちに多いのがクリスタルやレインボー。クリスタルはインディゴが慣らしてくれた環境を自分らしく堂々と生きていく役割、レインボーはさらに後に続く人たちを照らしていく役割があります。恐らくうちの娘はクリスタルで、息子はレインボー…だと思っていました。

でも、先日スターシードオラクルカードの中に見つけた「ゴールデンチルドレン」というカード。今までにない、新たな概念です。

スターシードオラクルカードの解説書に記載されている「ゴールデンチルドレン」の説明がわかりやすいので、転記させてもらいますね。

 

『ゴールデンチルドレン(太陽の子どもたち)は、太陽に起源を持つスターシードです。非常に進化した魂の持ち主であり、地球上では近年その数も増えています。ゴールデンチルドレンは個人としてのカルマがほとんどなく、素晴らしい才能と高い直感力を持っています。

ゴールデンチルドレンは、明確な使命を持って生まれてきました。多くは、若い頃からそれを自覚して任務を果たそうとします。知力が非常に高いので、学校ではすぐに退屈してしまうことがあります。地球に転生するのは初めての者が多く、適切な方法でサポートを受けないと苦労することになります。ゴールデンチルドレンは「新しい人類」と呼ばれることもあります。』

 

….こう見てみると、レインボーの性質がさらに1段階上がったような、そんな印象を受けます。

そして、うちの息子が恐らく、このゴールデンチルドレンに当たるのではないかと思うのです。

以前、信頼しているスピリチュアリストさんに、息子のスターシード診断をお願いしたときの診断結果…こちらも一部を抜粋して、転記させてもらいますね。

 

『彼の本質は太陽そのもの。光の申し子です。そして今世では人を導く役割をもっているようです。まさに光からやってきた魂という感覚になりました。
基本的にこれからの時代を生きる上で必要な力をすべて持っておられる魂です。

彼はこれからの時代に人々を光へと導く方になります。彼は本当に明るさそのもので、彼がいる場所は常に明るい空間にしてしまう力があると感じました。

すでに無条件の愛を持っているので、どんな人でも彼のエネルギーを感じると明るい気持ちになれるのではないでしょうか。陽の気で満ち溢れているように感じます。

人間には必ずポジティブとネガティブな面があるのですが、彼は限りなくポジティブ寄りでほとんど裏がない魂なのですね。
これまでの時代のものはなにも持っていないですし、これからも必要ないことを知っていますから、本当に自由にさせてあげるだけで自分の道を切り開いていくことができます。むしろその道をみんながついていくような感覚です。心配や不安もすべて消し去ってくれます。』

 

…この診断結果を見ると、息子はゴールデンチルドレンかな?って気がするんですよね。実際の彼も、裏表のなさとか、屈託のない明るさとか、まわりの人を笑顔にしてしまう才能はピカイチなんです。

ただ…今の彼はまだ、人を選びます。自分のことを受け入れてくれそうな人にだけ、彼の中にある光を存分に発揮します。例えば、どちらかというとお年寄りだったり、穏やかな人たちといることを心地よく感じるようです。学校の仲間とか、ママ友さん達は、ちょっと苦手にしているようです。

 

親として私にできることは、ただ彼の成長を見守ることと、エネルギー切れを起こしたときにたっぷりと愛を与えてあげること。それだけで、彼は自分の力で道を切り開いていくと思います。

f:id:hattatsumamajuan:20201007111850j:image