Work "OUR" Light 〜Juan's blog〜

ブルーレイチルドレンJuanの、スピリチュアルな?つぶやき

サンタクロースとチルドレンたち

ちよっと時期が過ぎちゃいましたが…我が家のサンタクロースのお話です。

子供たちが物心ついた頃から、我が家はサンタクロース作戦を開始しました。我が家の場合は、子供たちが事前にサンタさんへお手紙を書いて、そのお手紙を窓の近くに置いておくとサンタさんが読んでくれて、クリスマスにプレゼントを運んでくれる…というもの。私は子供たちが書いたお手紙を見て、事前にプレゼントを準備し、クリスマスイブの夜にそーっと枕元にプレゼントを置く…という感じです。

クリスタルチルドレンの娘はとっても純粋なので、すっかりサンタさんを信じて、毎年お手紙を書き続けていますが…ゴールデンチルドレンの息子は、サンタさんへ手紙なんて書いたことがありません。だから、娘には希望通りのプレゼントを用意できるのですが、息子にはその時々で、こんなの好きそうかな?って想像して準備するしかないのです。

 

昨年のクリスマスは、娘がとうとうニンテンドースイッチが欲しい!と手紙を書いてきました。値段高いけど…仕方なくニンテンドースイッチを用意しました。娘は大喜び!一方で息子には、トミカのように遊べるエレベーターの模型をプレゼントしました。息子も喜んでいましたが、さすがに娘のスイッチがうらやましかったようで、僕は来年スイッチね!と私に言ってきました。

さて、今年のクリスマス。中学生になった娘、中学生にはもうサンタさん来ないかもよ?って声かけしたのも虚しく、今年も手紙を書いていました。今回は、今ハマっている文房具の、お値段高めの高級シャープペンシル。まぁ…用意してあげましょう。一方で息子は今年も手紙を書いていませんが、やたらとスイッチね!赤と青のやつね!と私に言ってきます。仕方ないです、息子にもスイッチを用意してあげましょう。

 

私は今年も事前に準備して、イブの夜にこっそりと枕元に置いて…って思っていたら、娘がちょっと勘づいてしまったようです。翌朝になって、サンタさんが本当に来たのか?何度も確かめてきました。年齢も年齢だし、そろそろネタバレしようかな…って思っていました。

ところが。今日息子を実家の親に1日預けたのですが、そこでうちの母親が最悪な形でネタバレしてしまったのです。息子に対して「アンタ、まだサンタクロースなんて信じてるの?バカだねー、サンタなんていないよ。プレゼントはママが買ってるの!」…ハァ、最悪です。

 

これはもう仕方ないです。逆にいい機会だと思い直して…子供たちを呼んで、サンタさんの話をしました。サンタさんはママも見たことないけど、ママはきっとサンタさんはいるって信じていて、サンタさんは忙しくて世界中の子供たちのところへは行けないから、代わりにママやパパがプレゼントを用意しているんだよ、って感じで伝えました。

f:id:hattatsumamajuan:20211229014633j:image

だから、我が家のサンタさんは今年で終わりね!って言ったら…息子が猛反発!来年もプレゼントが欲しい!…そりゃそうよね。息子には、小学生の間だけはサンタさんからプレゼントあげようかな。

娘はもう中学生なので、今年で終わりでいい?って聞いたら…残念そうにしていました。サンタさんから、来年もクリスマスにプレゼントもらいたかったなぁ!って言っていました。

クリスマスの朝に、枕元にプレゼントが届く…私が想像する以上にワクワクするのかもしれませんね。あんな形で最悪なネタバレをした私の母親、私が子供の頃はサンタさんなんて関係なく、直接クリスマスプレゼントを買ってもらっていましたからね。しかも12月生まれの私、誕生日とクリスマスのプレゼントを合わせてしまい、ひとつだけしかもらえませんでした…(>_<)

来年以降のクリスマスも、娘の枕元にはちょっとしたお菓子とかをラッピングして、置いてあげようかな?

 

それにしても、娘はサンタクロースを信じて毎年手紙を書いていましたが、息子は手紙なんて書かずに、私に直接プレゼントが欲しいって言っていました。…そう、息子は我が家のサンタクロース作戦なんて、とっくに見抜いていたんですね。さすがはゴールデンチルドレンです。

でも、そんな息子…プレゼントだけは欲しいんですね。現金なやっちゃなぁ、ホンマに。