Work "OUR" Light 〜Juan's blog〜

ブルーレイチルドレンJuanの、スピリチュアルな?つぶやき

子供たちから学ぶ

発達障がい児を育てることは、障がいの状況や程度に関係なく、どんな場合でも本当に大変です。これはもう、育ててみた当事者にしかわからない感情で…全てを投げ出したくなったり、どうしようもなく途方に暮れたり、やり場のない気持ちをどうすることもできなかったり、ただただ絶望したり…

でも、障がいを持つ子たちに日々寄り添うことで沢山の気づきがありますし、この子たちが住んでいる世界がとにかく純粋で優しいってことがよくわかります。育てるのが大変な分だけ、ものすごいギフトがあったりもするのです。

f:id:hattatsumamajuan:20240514214946j:image

先日久しぶりに、重度自閉症のMちゃんにバッタリ会いました。Mちゃんは感情の起伏が激しく、育てているママは本当に振り回されて大変なのですが…Mちゃんの機嫌がいいとき、彼女は天使のような笑顔であったかいハグをしてくれるんです!

この日はめずらしく、Mちゃんの方から私のところに近寄ってきて、コミュニケーションを取ろうとしてくれました。私はものすごく嬉しくて、Mちゃんと見つめ合って…ハグしたい!と思ったのですが、もしMちゃんの機嫌を損ねて暴れちゃったらどうしよう…と、心にブレーキがかかってしまい、軽いボディタッチに留めてしまったんです。するとMちゃん、私のお腹に軽くグーパンチをして、私のところから離れて行っちゃったんです…Mちゃんに「何だよ、つまんない!」って言われているかのよう…

あー、あの時の私は、せっかくMちゃんの方から来てくれたのに、Mちゃんに心を開き切れていなかったんですね。このことをMちゃんのママに伝えたら「Mちゃんには見透かされてるっていつも思うよ。今度会ったら是非ハグしてね!」とのことで。やっぱりすごいね、Mちゃん。そしてママもすごい!

 

ここからは、うちの子たちのエピソード。

とにかく純粋で、何事にも一生懸命な高校1年の娘。学校の合唱発表会にも真剣に取り組むのですが、周りにどう見られるか?なんて全く気にしないので、彼女なりの合唱スタイルになるんです。大袈裟に口を開けて、表情も作って…テレビでよく見る、デフォルメがすごい合唱団みたいな感じσ(^_^;)

歌っている娘の見た目が面白いとツッコむ親御さんがいたり、肝心の歌声が音痴だったりもしたので、娘は完全に悪目立ちをしていました。でもそれが娘らしさなので、私は特に指摘をせずに見守っていました。

中学で吹奏楽部に入って音感がついたのか?娘の音痴はその後改善しました。中学の卒業式での全体合唱、まわりの子たちが号泣して歌えなくなる中で、娘は涙を堪えて一生懸命歌っていました。見た目は相変わらずデフォルメ合唱団でしたが、娘のしっかりとした歌声はまわりの子たちをカバーして、立派な合唱でした。親御さんたちも娘のことを褒めてくれましたし、あの風変わりな見た目も娘らしさとして認めてくれるようになりました。

 

一方で、愉快なことが大好きな中1の息子。家ではイタズラばかりしています。部屋を暗くして懐中電灯でオバケの真似をしてみんなを驚かせたり、隙あらば娘のスマホを隠したり、台所の水切りカゴを氷だらけにしてみたり…これは息子なりの、心を許した人に対するコミュニケーションのとり方なんです。

そんな息子も、放課後デイで一緒になるお友達のために遊びを企画したり、うちの隣で一人暮らしをしているおじいちゃんのところへ遊びに行ったり、パパが好きな番組の録画予約をしたり…息子なりの方法ではありますが、いつも人のことを考えて、人のことを気遣って行動している気がするんですよね。

娘にしても息子にしても、それぞれが自分らしく生きているなぁって感じます。時には喧嘩することもありますけど、一緒にいて楽しいし飽きないし、この子たちの生きる姿勢から新時代の到来を感じることもあります。

 

発達障がいの子を持つ…これはある意味で、選ばれた人たちの特権!本当に大変ではあるけれど、なりたくてなれるものではないと思います。

それなのに…辛い現実から目を逸らすために、発達障がい児のママさんが変なスピに目覚めてしまうことも、残念ながらよくあるんです。

発達障がいである我が子のことをSNSに投稿し、子育ての苦労とか喜びとかをシェアしていた知り合いのママさん2人が、最近偽スピ方面に目覚めてしまったようで…今日もエンジェルナンバーを見つけた!とか、私たちライトワーカーかもよ?とか、選民意識丸出しの投稿をしつつ、何と2人で自己啓発セミナーを立ち上げてしまったようなのです。

彼女たちの投稿内容は、以前の子供たち中心のものから、完全に自己啓発セミナーのものに取って代わりました。なんてもったいない…身近に子供たちという学びの対象があるというのに、2人はそこから逃げてしまったようですね。

今、いろいろなところで展開しているスピ系のセミナー。その多くは、こういう現実逃避した人たちによるものだと思いますよ。変な上昇志向を持ってしまったがために、今ある身近な幸せに気づけない残念な人たち…本当にもったいない!

 

久しぶりにちょっとだけ、以前見ていた偽スピ系のサイトをいくつか覗いてみましたが、エネルギーの気持ち悪さが格段に増していて、咳が止まりませんでした。やっぱり、見なきゃよかった…

 

 

追記:オレンジャーさんが先ほど更新していたブログで、今回の内容にリンクすることが書かれていたので、シェアさせてもらいますね(^_^)

https://ameblo.jp/oranger13/entry-12852042783.html