Work "OUR" Light 〜Juan's blog〜

ブルーレイチルドレンJuanの、スピリチュアルな?つぶやき

嵐のあとの晴れ晴れした気持ち

今は時代の大転換期であり、今まで2500年続いた夜の時代(=祖の時代)から、これから始まる昼の時代(=皇の時代)へと切り替わっている最中です。

令和の時代に入ったあたりから、私たちのまわりに起きている様々なこと…天変地異であったり、新型ウイルスの出現であったり、こういうのは今までのシステムを根底から再構築するために起きていることなんです。

….って、頭ではわかっていても。コロナ禍とか、度重なる台風や線状降水帯の襲来とか、政治関連のいろいろとか、経済関連のいろいろとか、世界情勢のいろいろとか…やはり不安な気持ちに襲われます。

昨日は私たちの地域にも、とうとう雨雲レーダーの真っ赤なヤツが来てしまい、バケツをひっくり返したようなものすごい雷雨でした。雷が苦手な私、ゴロゴロ、ドーン!と音を立ててビカビカ光りまくる中を、ビビりながら車に乗って娘のお迎えに行くのは本当にキツかったです。

 

これからやってくる皇の時代。暗い中をリーダーの力を頼りに進んでいくのではなく、明るい中を自分達の力で進んでいく時代。

水面下では、すでに皇の時代に切り替わっているようなのですが、何だかイマイチピンとこないし、正直言ってよくわからない…ここ最近ずっとモヤモヤが続いていました。

思い立って「皇の時代 生き方」でググってみました。するとそこにあったのは、ものすごくポジティブな投稿ばかり!中でも印象に残ったのは「皇の時代の3分の1ルール」というもの。月の3分の1である10日間を魂職(自分の天職のようなもの)、10日間を学び、10日間を趣味や好きなことをして暮らすというもの。これは神様のライフスタイルなのだそうです。

私はこの生き方、なんて素晴らしいんだろう!と思いました。今までモヤっとしていた霧が、一気に晴れたような気がしました。これなら今すぐ実践できそう!私の場合は、魂職といえるのは発達障がいの子供たちの支援、学びは…これから皇の時代についてたくさん学ぼうと思います。あとは、ゆっくりのんびり過ごす!ひとまずこれでいこうと思います。

f:id:hattatsumamajuan:20220925132442j:image

思えば、今までの時代の主流だったサラリーマンの人たち。お給料をもらうために、時には自分の思いを殺してまで、会社の利益のために懸命に働く生き方…これからはそうではなくて、自分の魂が喜ぶ仕事を、自分自身が楽しんですることが主流になってくると思います。

昨日私たちの地域を襲った嵐が、もしかしたら私自身の古い考え方を洗い流してくれたのかも?しれませんね。まぁ、こじつけもいいところですがσ(^_^;)

ところで…さっきいろいろとググっていたときに、間違えて「今日は何の日?」というところを押してしまい、そこに出てきたのは「9月25日は主婦休みの日」…!もう、笑っちゃいました(^_^)

あまり深く考えずに、シンプルに自分を信じて、ゆっくりと進んでいきましょうね(^_^)

 

最後に。ググっていた中で、皇の時代についてその方の目線でわかりやすく書いてくださっている方がいらしたので、シェアさせてもらいますね。

https://www.kogysma.com/entry/2021/01/02/214423

 

*追記:さっきから、やっと抜け出した感が半端なくて、自分に対して「おめでとうー!」の嵐が止まりません。心の底から湧き上がる、それでいいのよ!という安心感。でも、今まで散々モヤモヤしてきたことも、決して無駄ではないんです。

これからもきっと、こういうモヤモヤからの、抜けたー!を繰り返しながら、少しずつ前に進んでいくのだと思います(^_^)

 

 

完全に覚醒した人なんていない

安倍元首相が亡くなってから、これでもか?と、後から後から出てくる、政治と権力と金と…本当にもう、一部の人たちがやりたい放題だったんですね。

スピリチュアル界隈でも、目立って活動している人たちは、みんな嘘ばっかり。地球のため、宇宙のため、みんなの覚醒のため…とか言いながら、結局自分のためにしか動いていない人ばっかり。

本当にもう、何だかなぁ…怒りと、やるせなさと、失望と。昨日はそんな思いがぐるぐるしていました。

こういう時って、そのモヤモヤを解消するために、食べ物に走ってしまうんですよね。買い物に行ったスーパーで、久しぶりにハーゲンダッツのアイスクリームを買ってしまいました。ピスタチオのジェラート的な感じで、美味しかったのですが…胃もたれと下痢と、とんでもないことになりました。昨日はずっと調子が悪かったのですが、今日はお水のみで過ごして、やっと調子が戻ってきました。

*決してね、ハーゲンダッツが悪いわけではないですよ。今の私には合わなかったというだけです。

 

やっぱり人間って、完璧ではないんですよね。いかに悟ったようなことを言っている人でも、言葉の端々に人間らしいエゴが垣間見えたりもしますし。そういう私自身だって、まだまだ修行中なわけで…このブログも、自分のために書いていますからね。

修行中の今はまだ、日々見聞きしたことに対する怒りの気持ちが強いです。何言ってるの?そうじゃないでしょ!って思うことばかりが、世の中に、スピ界隈に、これでもか!と溢れています。

でも、これはまだまだ私の中にもエゴがあるってこと。今後アセンションが進むにつれて、私が「自分」という存在にこだわらなくなってくると、こういう怒りの感情がうまく手放せるようになってくるはずですし、そもそも怒りの感情自体が芽生えなくなるんじゃないか?って気がします。

 

「私は私であって、私ではない…」

そんな境地になったら、もっとラクに生きられるのかもしれないけれど…

でも、その境地に至ったとき、もうこの世に生きている意味はなくなるような気がします。

f:id:hattatsumamajuan:20220923104239j:image

だから、今はまだ、何だかなぁって日々思いながら、この世を生きることを楽しみたいと思います。

ひとまず今日は、心身の回復のために、ゆっくり目に過ごしたいと思います。(最近「ゆっくり過ごします」って言ってばっかりやん…まぁ今はそういう時期だと思って、割り切りましょうね…)

 

 

 

負の連鎖を断ち切る

嫁ぎ先のおばあちゃんか亡くなって早1年。一周忌法要があるので、先日お墓の掃除に行きました。今までお墓の管理はおじいちゃんがやっていたのですが、最近はそういうのが面倒くさいようで…まぁおじいちゃんも94歳なので、いつまでやってもらうわけにもいかないですよね。

お盆以来、全く手付かずだったお墓は落ち葉にまみれて、お花も萎れていました。落ち葉や枯れたお花を片付けて、代わりに「あすなろ」という葉っぱをたっぷりと生けて、水飲み皿にお水を入れて、墓石にもお水をかけて、磨いて…見違えるようにきれいになりました。お墓掃除、なかなか気分がいいものです!

 

お墓掃除をしていて、ひとつ気づいたことがあって。お墓掃除をしている最中って、ひとりになって自分自身とじっくり向き合えるんですよね。掃除をしながら、いろいろな自問自答が頭の中を駆け巡り…お墓という場所だからか?ご先祖さまに語りかける=自分自身に語りかけているような、何だか不思議な気持ちになりました。

そんな中で浮かんだのは、亡くなったおばあちゃんのこと。おばあちゃんは家族のことをいつも気にかけていて、とにかく口うるさい人でした。

でも、口うるさいのが災いしてか?おばあちゃんの家族に対する思いが、家族のみんなには全然伝わっていなかったんです。施設に入っていたおばあちゃんが、いよいよ亡くなるかもしれない…って時でも、みんな本当に薄情でした。私が施設の方と連絡を取ってから、やっとおじいちゃんと旦那さんは重い腰を上げて面会に行きましたし、東京の義姉は仕事を理由に帰省せず、とうとうおばあちゃんの死に目には逢えませんでした。

 

苦労をして死んでいったおばあちゃんに対して、残された家族は好き勝手な人たちばかり。今まで私は嫁として、家族のために自分なりに動いてきましたが…これを続けていたら、おばあちゃんの二の舞になってしまうかもしれない…そんなのはゴメンです。

これはもうね、家族の負の連鎖を断ち切るべきなんですよ。好き勝手にしているおじいちゃんはある程度放っておいても大丈夫だし、面倒なことから逃げ続けている旦那さんもある程度は突き放すべきだし、遠くに住んでいて口だけはうるさい義姉の言うことはある程度聞き流しちゃってもいい…と言っても、決して邪険にするわけではないですよ。今までのように家族のことを一生懸命にはやらずに、私もある程度は手抜きしていいんじゃない?って感じで。

そして、今までは嫁として自分を抑え気味だったのですが、自分をもっと出してもいいんじゃない?って、私は自分に許可を出しました。やりたいことをやって、寝たい時に寝て、ビール飲みたい時はひとりでも飲んで…これでいいんですよね。すると、旦那さんの態度がまず変わってきました。私のことを気にかけてくれるようになったし、家でのやりたい放題が少しだけおさまったような気がします。

 

家で代々続いている悪い流れを、自分のところで断ち切る!決意。これは、私の実家の毒親についてもいえることなんです。

自分の親が支配的な毒親であることは、嫁に出てから気づきました。実家の近くに嫁いでしまったので、当初は何かと口出しされ、支配的な関係が続き、里帰り出産は地獄の日々でしたが…幸か不幸か?生まれた子供たちに発達障がいが見つかったことで、自分達の手には負えない…と、あまり育児に口出しをしなくなりました。

そんな中で、私は苦しいながらも発達障がいについて勉強し、必死に子供たちを育てました。そんな私の姿を見て、うちの親は私のことをある程度は認めてくれるようになり、今はやっと対等な立場で話ができるようになりました。(まぁ時折り、毒親っぷりが復活することもありますけどね…)

 

悪い流れを、ずっと続いている負の連鎖を…自分のところで断ち切る!と決め、覚悟を持つことで、何かしら変化が起きる気がします。

一見すると悪いことが起きている!って思えることでも、結局は繋がっていたりもします。私の場合は、自分の子供が発達障がいだと知ったときは絶望しましたが、そのおかげで毒親との関係が改善しましたし、自分のスターシードとしてのルーツに気づくきっかけにもなりました。

嫁ぎ先である今の家でも、今までの悪い流れを断ち切りたいです。負の連鎖を自分のところで断ち切ります。何でもかんでも母親に任せっきりではなく、自分のことは自分で何とかする!って、みんなが気づいてくれるように…私はラクをしたいと思います(^_^)

f:id:hattatsumamajuan:20220921105734j:image

最後に…おばあちゃんのこと。何かと口うるさかったけれど、私のことを嫁として受け入れてくれて、毒親のことで苦しかった時期に本当に救われました。子供たちの面倒もたくさん見てくれました。本当にありがとうございました。

家族のことを気にすることなく、天国でゆっくりしてくれているといいなぁ…って思います。

 

 

 

問われる姿勢・2

大型の台風14号が、九州を抜けて日本海方面へと進んでいるようですね。陸地を通ったことで、勢力が当初よりは弱くなったものの、まだまだ油断はできないと思います。

少しずつ、九州方面の被害状況も明らかになってきていますが…予想されていたほどの甚大な被害は、今のところ聞こえてきていません。もしかしたら、これから判明するのかもしれませんが…被害が最小限であったのなら、ひとまずはよかったと思います。

ネット上でのコメント欄に、九州の方たちもコメントを書き込んでくれていて、備えをしていたから何とか持ちこたえた…というものが多いように思います。(被害を受けてしまった方たちは、今はコメントを書く余裕がないのかもしれませんが…)

*追記:その後被害状況が判明して、あちこちで土砂崩れや建物が崩壊し、残念ながら死者も出てしまったようです。やはり、それだけの規模の台風だったんですね。

 

台風と聞くと…千葉県南部在住の私は、どうしても3年前の台風15号を思い出してしまいます。

9月上旬の日曜日、夜に大型台風が来るのはわかっていましたが、私たち家族は余裕こいて遠方のショッピングモールで買い物を楽しんでいました。普通に家に帰ってきて、何も対策せずに寝て…夜中に旦那さんに起こされました。強風で窓ガラスを突き破られたら屋根が抜けるから、窓ガラスを押さえるのを手伝ってくれ!と…。

そこから数時間、旦那さんと必死で窓ガラスを押さえ、襲いくる強風と対峙したときの恐怖は今でも忘れません。でも、きちんと雨戸を閉めて寝ていれば、こんなことなんてしなくてよかったんです。自分達の考えがいかに甘かったか?を、旦那さん共々思い知りました。

我が家は運良く屋根が飛ばずに済みましたが、周辺の家のあちこちで屋根が飛び、ブルーシートの争奪戦が始まりました。停電も長引きました。台風に慣れていない千葉県民は、台風の怖さを痛いほど味わったのです。

 

そして約1ヶ月後の10月上旬。15号と同じようなコースで台風19号がやってきました。前回よりも規模が大きい…これは本当にヤバいと、みんなが台風対策をしました。雨戸を閉め、雨戸がなければ窓ガラスを養生テープで覆い、家の外はきれいに片付け、停電時の備えもして、避難が必要な人は早めに避難をしました。

すると、当初の予想よりも若干コースが西側に逸れて、私たちの地域は思ったほどの被害が出ませんでした。(ただ、コースが西側に逸れたことで各地で河川の氾濫を引き起こし、関東地方を中心に甚大な洪水被害が出てしまいました。)

 

台風というのは、地震とは違って事前に備えることができます。どこに来るのかはわからないし、来るものは受け入れるしかない…でも、やるべきことをやって、しっかりと備えて、あとは嵐が収まるまでじっと堪える…そうすれば、今までの経験からいうと、そこまで被害を受けずに済むのかもしれない…そんな気もしています。(まぁ、嵐の中をじっと堪えるのは怖いし、キツいですけどね。)

自然というのは、時に素晴らしい景観で私たち人間を楽しませてくれますが、時に私たち人間にとって脅威にもなります。自然に対して、私たち人間は常に謙虚であるべきだと、私は思います。

でも、スピリチュアル界隈の方で、祈りの力で台風を逸らしましょう!と考える方が結構います。もしかしたら、祈りの力で自分達のいる場所からコースを逸らすことは可能かもしれませんが、誰も影響を受けない場所に台風を集めるなんてことは不可能であり、コースを逸らしたとしても誰かしらは被害を受けてしまうんです。だから私は、この考え方には全く賛同できないです。

地球上で起きていることは、私たち人間にとっては脅威に感じることでも、地球のバランスを取るために必要なことなんです。だから私たち人間は、ひとつひとつを謙虚に受け止めて、その上で自分達にできる対策をして、何とか乗り越えていくしかないんですよね。

台風や地震が頻発し、世代交代が進んでいる今。私たちひとりひとりの姿勢や考え方が、改めて問われているのだと思います。

f:id:hattatsumamajuan:20220919113838j:image

 

 

 

問われる姿勢

過去最大級の大型台風が、九州に接近しています。現時点で910hpa、とんでもない規模です。3年前に千葉で経験した大型台風が955hpaだったことを考えると…本当に恐ろしいです。

当初の予想とは違い、九州だけではなく日本列島を縦断してしまうかもしれませんね。関東地方だって他人事ではなく、今から備える必要があるかもしれません。

 

こんなときに不謹慎かもしれませんが…今回の台風でどのくらい被害が出るのかわかりませんが、政府はそれでも大金をかけて安倍元首相の国葬を執り行うのでしょうか。台風被害に遭われた人たちへの支援が、まずは必要になってくるのではないでしょうか。

こういうところからも、国の姿勢が問われている気がします。対外的なものを大切にして、あくまで見栄を張るのか?それとも、台風被害で苦しんでいる国民のためにお金を使うのか?

少しずつ、少しずつ。政治家さんたちの姿勢が問われる事態が起きつつあるような?気がしています。

*ちなみに…時を同じくしてイギリスのエリザベス女王がお亡くなりになり、ほぼ同じ時期に国葬が行われようとしているのも…それぞれの国民の温度差も含めて、何だか皮肉ですね。

 

何かを改革をするには、根底から掘り返す必要があるとは言っても。こんな大型台風が来なくてもいいのに…でも、私たち人間は、やはり自然には逆らえないってことですね。

せめて、大きな被害が出ないように。今はただ祈るだけです。そして、自分達もしっかりと台風に備えたいと思います。

f:id:hattatsumamajuan:20220917131147j:image

 

 

争いから、まず自分が抜けること

具体的には書けないのですが…かつてお世話になっていた人たちの意見が衝突して、ケンカ別れの状態になっています。

Aさんサイドは、ひたすらBさんのことを悪く言い、Bさんへの恨みつらみを吐きまくっています。

一方でBさんサイドは、早々とAさんに見切りをつけて、自分の道を進み始めています。

 

私は縁あって、Aさん側とBさん側と、双方の動きをキャッチしているのですが…明らかにBさんのほうが、健全な動きをしていますよね。過去のことは過去のこととして、しっかり見切りをつけて前進していますからね。

でも、たぶんAさんは、まだBさんの動きを知らないわけで。もし今後Bさんの動きを知ったら、恐らく妨害行動に出るのではないか…だって、AさんはBさんに対する恨みの気持ちが大きいですからね。

*追記…こういうの、もしかしたら言霊になってしまうかもしれませんね。Bさんが妨害されることは、絶対にない!って断言します。

 

私たちが生きていて、意見の相違から衝突が起きてしまうのは仕方がないことだと思います。

でも、いつまでも過去にこだわってグダグダ文句を言っているのなら、過去は過去としてサッサと切り捨てて、自分の道を進み始めたほうがいいわけで。

Bさんは、もしAさんが何かしら妨害してきたとしても…そんなの気にしないで、ただ自分の道を進めばいいんです。

*追記…言霊ふたたび。Bさんが妨害されることは、絶対にない!です。

 

こういう争いごとに対して、当事者ではない外野の人たちが入って、さらに意見が入り混じると…本当に面倒くさいんですよね。

今回のAさんとBさんの衝突は、実は子供たちにも関わることなのですが…噂好きのママさんたちが、情報をキャッチしては拡散して、火に油を注いでしまっているんです。

当の本人たちは、そこまで悪いことをしている意識はないと思いますが。こういう噂話が独り歩きをして、うまくいくものがうまくいかなくなる場合もあるんですよね。

だから、人の悪口とか噂話には、あまり関わらない方がいいんです。相手がいつまで噂話をしてくるようなら、適当に見切りをつけて、サッサと抜けたほうがいいんです。そのほうが自分の気持ちを穏やかに保てるし、噂が噂を呼ぶという事態を防ぐこともできます。

 

今回書いたのは身近な争いごとについてですが、もっと大きなことでいうと、今世界各地で起きている戦争だって同じことです。自分自身が深入りしないことが、まずは大事なことだと思います。もし、どうしても心配な気持ちがあるのなら、支援という形を取ればいいんです。

自分自身が争いごとに巻き込まれないこと、そしてその状態を多くの人が保つことで、平和な世に少しは近づくのでは?と思っています。だから私は、ママさんたちの噂話には極力関わらないようにしています。

f:id:hattatsumamajuan:20220917085252j:image

 

 

自らの変化に戸惑いの日々

ここ最近、自分自身の変化に戸惑う日々を送っています。ブログに書きたいことがあって、ひとまずタイトルだけは下書きに残しても、そこから実際に記事を書こうという気にはなれない…そんな状態が続いています。

今回はひとまず、自分の中で起きている変化について書きたいと思います。

 

大きな変化のひとつは、食べ物や飲み物のこと。今までは比較的ジャンキーな食生活を送っていて、手軽なコンビニフードのお世話にもなっていましたし、おやつも毎日食べて、飲み物はラテ系のものを好んで飲んでいました。

それが…まず、お肉の獣臭さが苦手になり、お肉料理全般が食べられなくなりました。豚汁に入っていたり、煮物に少し入っている程度なら大丈夫なのですが、お肉メインの料理は食べられません。

次に、大好物だった乳製品。食べると胸焼けがして、好んで食べることはなくなりました。大好きだったチーズも、今は食べたいとは思いません。料理にバターを使う程度ならオッケーです。

では、毎日何を食べているのか?というと。基本は野菜類を使った惣菜と、納豆や豆腐、卵かけご飯とかを食べています。魚も食べます。あとは果物です。

飲み物に関しては、基本はお水です。本当は浄水器をつけたいところですが、今は水道水をコップに入れて、少し置いてから飲んでいます。こうすると、何となくカルキ臭が抜けるような?気がします。

少し前、あまりに疲れたときにミルクティーを飲んでみましたが、見事に胸焼けしました。それ以来、ラテやミルク系のものは飲まなくなりました。

 

この食生活になってから起きた体の変化ですが、まずは毎朝お通じが来るようになりました。今までは便秘気味だったのですが、朝になるとちゃんと便意を催す…我ながら、体ってスゴい!正直!って思います。

次に、体臭があまり気にならなくなりました。今思えば、私が好きだったお肉や乳製品って、体臭を強くしてしまう食べ物なんですよね。そういう食べ物を摂取していないので、明らかに体の臭いが弱くなりました。ただ、基本的なワキガ体質は変わらないので、ふとした時に冷や汗をかいてしまうと、一気に臭くなってしまうんですけどね…(>_<)

ワキガ体質に関連するのですが、今まで使っていたアロマオイル全般を、肌が受け付けなくなってしまいました。きちんと希釈しても、刺激の弱いオイルを使っても、どうしてもかぶれてしまう…もっと言うと、ヘアオイルとかのオイル系もダメです。つけた途端に痒くなってしまい、ヘアケアも最低限のケアしかできない状態です。お化粧もダメで、肌に優しい化粧水のみを毎日つけています。

 

こういう生活に、正直なところ戸惑っています。いい方向に向かっているとは思うのですが、まだ心と体のバランスが取れていないような気がして。なので、いつも以上にゆっくり目に過ごしていて、だからブログに気持ちがいかない状態なんです…すみません。

でも、何て言いますか…体から余分なものを削ぎ落としているような気がしていて。体とともに、メンタル面での考え方も余分なものが削ぎ落とされて、シンプル思考になっている気がするんです。

 

例えば、息子が今抱えている学校の問題。今も教室に入れない状態が続いていますし、学校での子供たちの冷たい視線も相変わらずなのですが。そこをいつまでも気にしていたって、今の状況は変わらないわけで。

それならば、まわりの子供たちのことは一旦置いておいて、今の状況下で息子には何ができるのか?先生にどんなサポートをしてもらえばいいのか?に集中して、息子が毎日学校にストレスなく行けるための方法を考えたほうが、ずっといいですよね。学校に関しては、シンプルにそれでいいんです。

その分、学校の外に息子の居場所を作ってあげることは大事だと思っています。息子が気持ちよく通える放課後デイさんの存在とか、今までお世話になった方で連絡がつく方に協力してもらって会う機会を設けるとか、息子が気持ちよく過ごせる居場所を増やしたい…実はそういう場所って、私自身にとっても居心地が良かったりしますからね。

 

それと、もうひとつ。今まではスピリチュアル的な壁にぶつかっていた時に、ネット検索とかで答えを自分の外に求めがちでした。でも最近は、今までほどネット検索をしなくなりました。自分自身が変わりつつある今、そもそもあまり疑問が浮かばないっていうのもあるのですが、何かしら答えが欲しいときは、自分自身に問いかけるようになりました。

きっと今は、自分のことをまだアウトプットすべきではないのかもしれませんね。自分自身に起きている変化を、まずは自分自身で受け止める時期なのかもしれません。

最近はこんな感じで、自分の変化に戸惑いつつも穏やかに過ごしています。ブログの更新頻度は、今まで以上に定まらないと予想されまして…今は全くブログを書く気になれないのですが、突然鬼のように更新する可能性もありますし…そんなんで良ければ、今後も気長にお付き合いください(^_^)

f:id:hattatsumamajuan:20220915112211j:image