Work "OUR" Light 〜Juan's blog〜

ブルーレイチルドレンJuanの、スピリチュアルな?つぶやき

エネルギーの混濁状態

連日のように報じられている、線状降水帯による被害の数々。こんな悲惨な光景が、もはや当たり前になってしまった…本当に心が痛みます。今までの常識が、本当に通用しないんだなぁ…これから私たちは、どう生きていけばいいんでしょうね。

一方で、今もなお続いている争いの数々。一向に終わりが見えないロシアとウクライナの状況に加えて、台湾をめぐりアメリカと中国も関係が悪化していたり…結局は双方とも、領土の奪い合いなんですよね。申し訳ないのですが、本当にくだらないって私は思ってしまうんです。国の領土より、まずは国民の命でしょ!国民が心豊かに平和に過ごせることでしょ!って思うんですけどね。

人が助け合うときっていうのは、残念ながら平穏なときではなく、自分たちが困難な状況に陥ったとき。つまり、私たちがくだらない争いを続けている限りは、困難な状況が次々に押し寄せてくる…そう覚悟しておかなければいけない、ってことなんですよね。

 

さらに、ヨーロッパでは記録的な高温が続いているようです。連日の40度超え、日々の生活だけではなく、農業などの産業にも影響しているようですね。フランスのとある牧場では、干ばつによる水不足で牛に十分お水をあげられず、エサとなる牧草も育たず、牧草を買うにも穀物の高騰で買えず…結果として採れる牛乳の質、量ともに低下しているのだそうですね。

日本でも高温の影響を受けて、野菜がうまく育たずに、規格外のものばかりになっているのだそうですね。規格外の野菜は売りには出せず、廃棄されてしまう…そんなバカな!全然食べられるのに…こういうのも、人間が作ったルールに縛られているだけであり。でも、こういう野菜を安い価格で扱う取り組みも出てきているようなので、まずはそういうのを利用していきたいですね。

 

時代が移り変わる中で、グレート・リセットが起きること。頭ではわかっていたのですが、いざこうしていろいろなことを目の当たりにすると…何とも言えない、どうしようもない気持ちに襲われています。やはり変化に対応していくのは、個人的にはキツいです。

今はライオンズゲートが開いていて、いろいろなエネルギーが渦巻いている最中なのもあるのかも?しれませんが…こうした世の中で起きていることとか、自分自身もシフトチェンジを起こしていることとか、私自身が大きなエネルギーにやられてしまっている感じがします。

f:id:hattatsumamajuan:20220808090534j:image

昨夜はどうしようもなく頭が痛かったので、晩ご飯は旦那さんと子供たちに任せて、私はひたすら寝ていました。そのときに、何やら古代っぽい建物がムクムクと立ち上がっていくような、そんなイメージというか、夢のような画像が出てきました。

その画像が意味するところは、まだ今の私にはわかりませんが…今の私には、そのイメージが正しいところから来ているのか?それとも何かしらの闇なのか?そこすらも、よくわかっていなかったり。今は自分自身が揺らいでいるので、そういうときは審神者をしても、明確な答えが返ってこなかったり。でもなんとなく、光と闇の混濁状態なんだなって気はしています。

 

今の私の状態では、ブログを書くべきではなかったのかもしれませんが。審神者をして、今の正直な気持ちはブログに書いたほうがいい!そこだけは明確に答えが返ってきたので、まとまらない気持ちをこうして書かせてもらっています。

しばらくの間は、ゆっくり目に過ごしたいと思います。

 

 

 

お野菜大量消費レシピ・2!

前回に続き、凝りもせず第2弾です、ハイー。(最近お気に入りの元自衛隊芸人、やす子ちゃんのイメージで…)

前回は自分で思いついたレシピ(って言っても大したことないですけど)、今回は本やテレビで見たレシピを参考にして、自分で簡単にアレンジしてみたものです。

では今回もいってみますよー、ハイー(^_^)

 

その4・なすカレー小林カツ代さんのレシピを参考にしました)

f:id:hattatsumamajuan:20220805211616j:image

〈材料〉たっぷりのナス、豚ひき肉小パック、玉ねぎ1個、サラダ油、カレールー1箱(辛口のほうが相性いい気がします)

*もしナスを買うのであれば、7〜8本買って入れたほうがおいしいと思います!

①玉ねぎをスライスする。

②大きめの鍋に油を回し入れて火にかけ、玉ねぎを入れて、ほんのり茶色っぽく色づくまで中火でしっかり炒める。焦げないように注意する。

③鍋に豚ひき肉を入れ、火が通るまで炒める。

④鍋に水を多めに入れ(あとでナスをたっぷり入れるので)アクを取りながら煮込む。

⑤ナスの皮をむいて細かく刻み、鍋に刻んだナスをどんどん入れていって、アクを取りながら煮込む。

⑥ナスがとろけてきたらカレールーを入れ、さらに煮込んで、ナスがトロトロになったら…できあがりー!

ポイント・たっぷりナスを入れて、トロトロになるまで煮込むこと!ジャガイモのカレーよりサラリといける、夏に食べたくなるカレーです(^_^)

*ご飯にかけるのはもちろん、食パンをトーストしてナンみたいにカレーをつけて食べるのも、私は好きです!

 

その5・人参しりしり

f:id:hattatsumamajuan:20220805211627j:image

〈材料〉たっぷりの人参、オイル漬けのツナ缶、卵1個、塩、コショウ

①人参をスライサーで千切りにする。なければ包丁で。卵は溶き卵にしておく。

②フライパンにツナ缶の油のみを入れて、火にかける。

③フライパンに千切りにした人参を入れ、よーくよーく炒めて水分を飛ばす。人参の色が黄色っぽく変わってきたらOK!

④フライパンにツナを入れてひと混ぜし、塩・コショウで味を整える。

⑤フライパンに卵を流し入れ、ひと混ぜしたら…できあがりー!

ポイント・人参をよーく炒めて水分を飛ばすことで、臭みが抜けて甘くなります(^_^)ツナ缶の油を使うのもポイントです!

 

その6・緑色野菜の肉巻き

f:id:hattatsumamajuan:20220805211636j:image

〈材料〉たっぷりの緑色野菜、豚バラ肉のスライス、すき焼きのタレ

*緑色野菜はピーマン、シシトウ、インゲンなど何でもOK!

①ピーマンやシシトウは縦半分に切って種を取り、太めの千切りにする。インゲンは塩茹でして、長いものは半分に切る。

②豚バラスライスを半分に切り、野菜を巻く。きつめに巻いたほうが後で焼くときに剥がれない。

③フライパンに巻いたものを、巻き終わりを下にして並べる。(豚バラ肉から油が出るのでサラダ油は必要ない)

④フライパンに蓋をして火にかけ、肉の表面の色が変わるまで焼く。

⑤肉を裏返し、すき焼きのタレを入れて味を絡ませる。→できあがりー!

ポイント・巻き終わりの部分がしっかり焼けるまで、ひっくり返さずに我慢をすれば、肉が剥がれずにキレイに仕上がります(^_^)

 

その7・大根が驚くほどおいしい味噌汁細木数子さんのレシピを参考にしました)

f:id:hattatsumamajuan:20220805211647j:image

〈材料〉たっぷりの大根、味噌、和風の顆粒だし

①大根を3等分くらいに切って、皮を剥いて縦半分にする。

②大根をナナメの方向にスライスして、さらに細く千切りにする。

③鍋に大根、水、顆粒だしを入れて火にかける。

④ブクブクとアクが出てきたら、丁寧に取る。

⑤大根に火が通ったら火を止め、味噌を溶き入れる。→できあがりー!

ポイント・大根の切り方が全て!ナナメ方向にスライスしてから細く千切りにすることで、食感が変わってビックリするくらいにおいしくなります(^_^)

 

いかがでしたか?特に大根のお味噌汁は実際に食べると、切り方ひとつでこんなに味が変わるんだ!って驚きますし、モリモリ大根食べられますよ!

あとは、ナス嫌いの娘もなすカレーは美味しい!そうです(^_^)

それでは…よければお試しください、ハイー(^_^)

 

夏野菜・大量消費レシピ!

毎日本当に暑いですね(>_<) 地域によっては線状降水帯の被害を受けたり…試練が続きますね。

先日もちょっとだけ書きましたが、うちの実家は農家で、この時期はありがたいことに夏野菜をドーン!と大量にもらうんです。本当にありがたいんですけどね…大量すぎて食べ切れないんです。

でも、せっかくの夏の恵み!太陽と土の栄養タップリ!のお野菜たちをたっぷり食べて、元気に夏を乗り切りたい!…そんな気持ちから、自分なりにレシピを工夫しています。

とは言っても、面倒臭がりで料理もあまり得意ではない私。簡単調理で、大量消費できて、なおかつ家族が無言でガッついてくれる!そんなお役立ちレシピを紹介したいと思います(^_^)

たまにはね、こんな内容もどうですかね?では、いってみましょうー!

 

その1・トマトたっぷりスープ

f:id:hattatsumamajuan:20220804000040j:image

〈材料〉たっぷりのトマト、玉ねぎ中1個、ハムまたはベーコン2〜3枚、チキンコンソメ3〜4個、日本酒(料理酒)、砂糖

*もしトマトを買うのであれば、5〜6個?7〜8個?あっでもいいかもしれません。たっぷりのミニトマトでもOK!ただし完熟トマトのほうがおいしいので、まだ青ければしばらく置いて、追熟したほうがいいと思います(^_^)

①ざく切りトマト、スライスした玉ねぎ、食べやすく切ったハムを大きめの鍋に入れる。

②鍋に材料が隠れるくらいの水を入れる。

③鍋にコンソメを入れ、日本酒をぐるっと回しかけ、砂糖を大さじ1〜2杯入れる。

④鍋を火にかけて、アクを取りながらコトコト10分以上煮込む。→できあがりー!

ポイント・砂糖を入れることでトマトの酸味を和らげて、食べやすく美味しくなります(^_^)

 

その2・苦くない!ゴーヤチャンプルー

f:id:hattatsumamajuan:20220804000049j:image

〈材料〉たっぷりのゴーヤ、ハムまたはベーコン2〜3枚、卵1〜2個、塩ひとつまみ、サラダ油、好みでブラックペッパー

①ゴーヤは縦半分に切り、中のワタをスプーンでしっかり取り除き、スライスする。

②ハムは食べやすく切り、卵は溶き卵にしておく。

③フライパンに油をひと回し入れて火にかけ、ゴーヤを入れてから塩を振り入れる。

④ゴーヤをよーくよーく炒めて、完全に水分を飛ばす。

⑤ハムを入れ、卵を流し入れてひと混ぜしてから火を止め、好みでブラックペッパーを振る。→できあがりー!

ポイント・とにかくゴーヤをよーく炒めて、苦味の元である水分を飛ばすことで、苦味が気にならずに美味しく食べられます(^_^)

 

その3・ナスとミョウガの浅漬け

f:id:hattatsumamajuan:20220804000057j:image

〈材料〉たっぷりのナス、ミョウガ(ナス1個なら1本、2個なら2本…って感じ)、エバラ浅漬けの素レギュラー、ジップロック

①ナスのヘタを切り落として縦半分に切り、さらに2〜3センチ幅に切る。

②ボウルに水を入れ、切ったナスを入れてアク抜きをする。

ミョウガを6〜8等分に、縦割りに切る。

④ナスをザルに開けて水を切り、ジップロックにナスとミョウガを交互に入れ、浅漬けの素を半分ちょい上くらいまで注ぐ。

⑤軽く揉んで、浅漬けの素を全体に行き渡らせて、冷蔵庫に30分くらい入れて冷やす。

⑥ナスとミョウガの水気を絞って器に盛る。→できあがりー!

ポイント・ナスを水につけてアク抜きをすること!これだけで味が全然違います(^_^)

 

こんな感じです(^_^) 手抜き料理もいいところですが、トマトもゴーヤもナスもこれで一気に消費できますし、家族の反応もいいんですよ!息子はこれでナスが食べられるようになりました(^_^)

もしよければ、お試しあれ!

 

 

コロナの教え

私たちの生活を一変させてしまった新型コロナウイルス。飲食業界の方や旅行業界の方にとっては、お客さまの激減は死活問題なのだろうし、医療従事者のみなさんは、未知のウイルスに対してずっと手探りで戦い続けていますよね。

エンタメ業界にいる人たちも、舞台やライブが突然中止になってしまったり。その舞台のため、ライブのために今まで準備してきたことが、すべて無駄になってしまうわけです(>_<)

そして…子供たち。今しかない青春を謳歌する機会が、ことごとく奪われています。学校行事が軒並み中止に追い込まれ、部活の試合等もままならず、卒業式さえできなかった年もありましたし、仲間と街に繰り出すのも…何だか気を遣いますよね。

 

コロナなんて、早くなくなればいいのに!って思っている人、本当に多いでしょうね…

でも一方で、コロナを経験したことによって、私たちの中に新たな概念が生まれたりもしているんです。

いちばんは、いざという時には仕事を休んでもいいんだ!ということ。真面目で勤勉な性質を持っている私たち日本人、ちょっとやそっとのことで仕事を休むなんて、今まではとてもできませんでした。でも、今はテレワークが可能になったり、感染したら無症状でも仕事を休める…逆に言うと、仕事を休まなきゃいけないわけですよね。休んでいる間は、まわりの人たちでカバーする体制も取れるわけですし、そのことがわかったっていうのが、コロナの教えのひとつかなって思うんです。

テレワークが可能になったことで、住む場所についても選択の幅が広がっていますよね。今までのように東京一点集中ではなく、田舎暮らしを選ぶ人も出てきました。でも、いざ田舎暮らしをしてみて…実際に住んでみて初めてわかったこととか、想定外のこともいろいろあるみたいですね。そういうのも含めて、経験としてはいいんじゃないかな?って思います。

 

そしてもうひとつ。これからは今までの常識なんて通用しない!当たり前のことなんてない!ということです。新型コロナという未知のウイルスが出現したことで、今まで通りの対応では通用しない、実態に応じてその都度対応していかなければいけない、ということが、一般庶民である私たちにもはっきりとわかりましたよね。

今までの常識の枠に囚われている人は、コロナを完全に敵視して排除しようとしていますが…比較的柔軟な考え方をしている人は、変化そのものを受け入れているようにも思います。例えばコロナをきっかけにして、具合が悪い→とにかく病院!という流れが、必ずしも正解ではないことに気づいた人もいますよね。

自分にとって何が必要なのか。逆に何が必要ないのか。コロナがそこを考えるきっかけになっているような気がします。例えば、論争になりがちなワクチンについても、本当に自分に必要なのかどうか?いろいろと情報をキャッチして、ワクチンの是否を自分で考えること自体に意味があるって、私は思います。

 

そして最後に。一番大事なのは、恐れの気持ちに打ち勝つ!ということだと思います。

感染したらどうしよう…と恐れる気持ち。それは誰しも持っていると思いますが、自分の中にある恐れの気持ちが膨れ上がると、冷静さを失ってとんでもない判断をする場合もあります。

恐れの気持ちがどうしようもなく湧いてきたら、まずは体を整えること。よく寝て、お水を飲んで、体にいいものを食べる…体が元気になると、気持ちもだんだんポジティブになって…何だかよくわからないけど、とりあえず大丈夫っしょ!って、前向きに考えられるようになりますよ(^_^)

f:id:hattatsumamajuan:20220803110345j:image

一概には言えませんが。コロナによって気づかされたことって、結構ある気がしますよ!

 

 

 

形にならなかったタイトルたち

私はいつもブログを書くときに、下書きという機能を使っています。何かしら書きたいことを思いついたときに、ひとまずタイトルだけを書いておいて、後で本文をゆっくり考える…というのが私のパターンなのですが、中にはタイトルのみで本文がうまく書けなかったり、そもそも何を書きたかったのか?思い出せなくなっちゃったこともあります。

ふと気になって、下書きのページを確認してみたら…タイトルだけ書いてあるのが、たくさん溜まってるじゃないですか!これを全部ブログ記事として書くのは、とても無理だなぁ…でも、全部消してしまうのも何だかもったいないし。

そこで、私は以前こんなことを書こうとしていたのよ!的な感じで、タイトルだけをズラーっと並べてみたいと思います(^_^) 完全に自己満足の世界ですが…すみません、おつきあいくださいね。

f:id:hattatsumamajuan:20220802074745j:image

    *****

ジャッジをしないチルドレンたち

その人の魅力は、その人自身が築きあげるもの

子供たちがいちばん恐れていること

多様性のおはなし

無条件であること

限界とは?

ルールに縛られずに生きる

真ん中を意識することのメリット

心地よいと感じるほうへ進む

毎日が自問自答

どう変化していくのか

ありのままを認める難しさ

自分をごまかさない

信じたものが、その人の全て

自分を出せる場所、出せない場所

過保護と過干渉

たくさんの面倒と、心からの笑顔

全てうまくいき過ぎているのも良くない?

いろいろな方面からのアプローチ

波長とご縁

自分と繋がり始めているサイン

ダメ出しは自己否定を生むだけ

融点と沸点

愛情不足の連鎖を断ち切る

大事なのは、現実を動かすこと

空気は読まずに、作るもの

人と会うと、やっぱり疲れる

発達障がい児が増えている意味

無理をしなければ、うまくいく

変わらない自分でいること

    *****

いかがですか?ほぼ時系列で並べたので、考え方の変化的なものもあって、個人的には面白いです(^_^)…やっぱり今回は自己満足の世界ですね。

まぁ、これで下書きのページが断捨離できて、スッキリ!見やすくなって、また新たに書き込むゆとりができました。

 

そして、この断捨離作業をしている中で、ひとつだけ…何度やってみても、削除できないタイトルがあるんです。それは「融点と沸点」というタイトル。このタイトルで何を書きたかったのか?正直あまり覚えていないのですが…これはきっと、いつかブログ記事として形にしなさいよ!というサインなのかな?って受け止めています。

いつの日かブログ記事となるのか?それとも結局下書きのままで終わるのか?…今の私にはわかりませんが、何だか不思議な感じでした。

 

 

地球はすでに怒っている

今年の夏、やたら水難事故とか、花火大会で発火事故とか、そういうのが多い気がしませんか?私の気のせいかもしれませんが…

せっかくの夏休み。今年は行動制限もなく、やっと遊びに行ける!遊びに行こう!と思っていたのに、出かけた先で事故で亡くなってしまうなんて、何ともやり切れないですよね。

でも…こういう、川や海に遊びに行こう!とか、花火大会を楽しもう!とか、そもそもが人間主体の考え方なんですよね。そこにある自然にお邪魔させてもらって、ちょっとだけ利用させてもらう…そんな感覚を持って遊びに行く人って、恐らくほとんどいませんよね。だから平気でゴミを捨てられるのだし、自然を汚しても平気なんですよね。(みんながみんな、そうとは限らないですけどね…)

 

人間はいつのまにか、自分たちが地球の中心であると勘違いをするようになってしまいました。木を切り倒してアスファルトで道路を作ったり、山を切り崩してトンネルを作ったり、地面を掘って地下鉄を通したり…こういうの全て、人間以外は迷惑に感じているんじゃないですかね。

そういう私も、普段はアスファルトの上を自動車で走っているわけですから、本来偉そうなことは言えないんですけど…

最近、猿や熊が人間の居住地にまで降りてきて、人を襲うようになったというニュースもよく目にしますが。こういうのも、そもそもは人間が彼らの居場所を奪っているからこその行動であり。

熱波による山火事とか、ゲリラ豪雨による洪水も、そもそもは人間の生活スタイルが原因となって引き起こされているのであり。オーストラリアの山火事で逃げまどうコアラの姿とか、本当にかわいそうだと思って見ていました。

 

もうすでに、地球は人間に対して怒り心頭だと思います。あなたたち、何してくれてんの?ってね。そういう意味では、もしかしたらもう手遅れなのかもしれないし、行くところまで行くしかないのかもしれません。

でもそこで開き直って、もうどっちでもいいや!ってやりたい放題やってしまうと、地球の破壊スピードが増すだけであり。あと何年ここで生きられるのか?ってレベルにまで行ってしまうかもしれません。

だから、ひとりひとりができる範囲で、地球のことを考えて行動する必要があるって、私は思います。

どの行動が正しいのか?とか、これじゃ地球のためにならないかも?とかはあまり気にせずに、その人なりに何か行動を起こせば、それで十分だと思います。

 

私の場合は…自動車は手放せないし、エアコンも手放せないのですが…気をつけているのは2つのこと。

ひとつ目は、フードロスをなくすこと。うちの実家は農家で、ありがたいことに旬の野菜や果物をたくさんもらうのですが…これは農家あるあるで、うちの実家は大量に余った野菜を平気で捨ててしまうんですよね。これ、本当にもったいないんですよ。なので、なるべく無駄のないように食べ切ったり、まわりの人にお裾分けをして、捨てずに済む方法を考えています。

ふたつ目は、あるもので何とかすること。多少古くなっても、使えるものは使い倒す!なるべく大切に使う!精神で頑張っています。我が家にある電化製品は、エアコン以外は壊れずに20年近くになりますし、ボロボロになったソファもカバーをかけてごまかしたりしていますσ(^_^;)

 

これはあくまで、私の取り組みであって。ひとりひとりが、それぞれ今の環境でできそうなことを考えるだけでも、何かしら変わってくるかも?いや、やっぱりもう手遅れかもしれませんが…

いや、やっぱり、まずは行動を起こすことが大事!って、私は思います!!

f:id:hattatsumamajuan:20220802003625j:image

 

追記:やっぱり今年の暑さは、例年とは違う気がしますし、尋常ではないですよね。さっき洗濯物を干しに数十分ベランダに出ただけで、大量の汗が吹き出してきました。

地球のことだけではなく、自分自身の熱中症対策もしっかりしなきゃいけませんね(>_<)

 

 

発達障がい児のフシギな脳

ついこの間夏休みに入ったと思ったら、もう8月なんですね…時の流れの早いことσ(^_^;)

コロナ禍の影響を受けて、昨日は息子の数少ない友達との約束がキャンセルになってしまいました(>_<) チーン、ってなってる息子のために、張り切って流しそうめんキットを出してきたはいいけれど…機械の不具合で?何だかうまく水が流れない…再びの、チーン(>_<)

それでも、コップから強引にお水を流し込んで!半手動状態で、流しそうめんを楽しみました(^_^)

ちなみに昨日、家族全員が一日中パジャマで過ごしたのは、ここだけの話ですσ(^_^;)

 

さて、夏休み。娘は部活に放課後デイにと忙しいのですが、息子はまぁ暇なこと…私はガッツリ息子と過ごす日々を送っています。

うちの息子、こだわり強めの自閉症スペクトラムです。一緒に遊んでいても、突然息子独自のルールを発動したり、私のちょっとした言動でパニックになったり…一緒に遊ぶのにまだまだ神経を使いますし、正直言うとめちゃくちゃ疲れます。

でも、そんな息子には得意分野があります。それは、尋常ではない記憶力と、数字とメカに強いこと。例えば、何年も前に起きた出来事の日時を正確に覚えていたり、私でも知らないカーナビの機能を使いこなしていたり…って具合です。

 

息子のこういう部分を考えていたら、そういえば娘も幼い頃は同じだったなぁ…と思い出しました。

娘がまだ幼稚園に通っていた頃。娘もまだまだこだわりが強くて、育てるのがものすごく大変でした。お絵描きにしても、描きたいビジョンは娘の頭の中にはっきりとあるのに、自分で描く自信がない…そこで娘は、母親の私に指示を出して、私が娘の代わりに絵を描く、ということをしていました。

 

ある日のこと。いつものように、娘からお絵描きの指令が…さぁ、今日は何だろう…

この日の指示は、何やら数字とひらがな。使うクレヨンの色も指定してきました。ひとまず娘の言う通りに書いていくと…画用紙の上には、4桁の数字と、ひらがな1文字の組み合わせがたくさん。使っている色は、黒と緑の2色。

ある程度書いたところで…あ!娘が何を書いてほしいのか、私は気づいてしまいました。

娘が私に書いてほしかったのは、自動車のナンバー。当時幼稚園に通っていたお友達の車、15台ほどのナンバーを、娘は正確に覚えていたのです。しかも、黒と緑の色分け=普通車と軽自動車の仕分けもバッチリ!これはね、当時ちょっと鳥肌立ちましたよ。

 

そんな娘も、さまざまな療育機関に通って、先生たちやお友達と交流を重ねていくうちに…こだわりの強さが徐々に取れてきました。自分から人の輪になんてとても入れなかった娘が、今は積極的に自分から仲間に声をかけるようにまでなりました。本当に成長したものです。

そして、とある日のこと。娘と車に乗っていて、お友達の車とすれ違ったような?気がしたので、娘にそのお友達の車のナンバーを聞いてみたら、娘から返ってきた言葉は…

あれ?何だっけ。忘れちゃった!ハハハー!

 

…あれだけ緻密だった娘の記憶力。こだわりの強さが徐々にほどけるとともに、緻密な記憶力もほどけてしまったようですね(>_<)

でもね、人間離れした記憶力は失ってしまったかもしれませんが、娘は今、過去に抱えていたこだわりとか生きづらさからはだいぶ解放されて、自分の人生を思いきり楽しんでいます。きっと、これでよかったのだと思います。まぁ記憶力を失ったせいで、勉強はかなり苦戦していますけどねσ(^_^;)

一方で息子は、まだまだこだわりが強い分、ある意味での天才脳は継続中?なのかな。息子がこの先どんな道を辿るのかは、もう息子次第です。

 

人間の脳って、本当に面白いですよね。娘の変化を目の当たりにしてきて、本当にそう感じています。

そういえば、偉人として有名なアインシュタインエジソンも、実は発達障がいだったと言われています。天才脳を持つ彼らを支えていた家族は、きっとこだわりの強さに苦労していたでしょうね…

f:id:hattatsumamajuan:20220801123652j:image