Work "OUR" Light 〜Juan's blog〜

ブルーレイチルドレンJuanの、スピリチュアルな?つぶやき

発達障がいとインディゴ

発達障がい児のフシギな脳

ついこの間夏休みに入ったと思ったら、もう8月なんですね…時の流れの早いことσ(^_^;) コロナ禍の影響を受けて、昨日は息子の数少ない友達との約束がキャンセルになってしまいました(>_<) チーン、ってなってる息子のために、張り切って流しそうめんキットを…

正直すぎるクリスタルチルドレン

新型コロナの感染が急拡大しているようですね。 実はうちの娘(中学2年、クリスタルチルドレン)が、3日前の学校帰りに「喉が痛い…」と言ってきたんです。調べてみると、最近流行しているコロナの特徴は、喉が痛くなること…これはマズい!念のため次の日は…

光への道は、まだまだ遠い…

地球上では発達障がい児、スターシード的にはゴールデンチルドレンである息子。集団生活に馴染めない息子のために、必要に応じて親の私が付き添いをする生活が続いています。 先日はクラブ活動というものがありました。4年生から6年生までの子供たちが、ス…

発達障がい児ママの闇堕ち

発達障がい児をガッツリ育てる人(=責任を負う立場にいる人)の苦労って、並大抵のことじゃないんです。自分なりに頑張っても、どうしようもないことってありますし、発狂しそうになることもしょっちゅうあります。 娘がまだ幼い頃の話ですが…娘のこだわり…

できて当たり前…ではない

ここ最近、息子のことばかりに気を取られていて、娘のほうにはあまり気を回せていませんでした。一応毎日中学へ行って、普通に帰ってきて…疲れてうたた寝をすることはあっても、ご飯ちゃんと食べているし、よく寝ているし、ひとまず落ち着いて生活できている…

知的障がいとアート

知的障がいを抱えている人たちの中で、ものすごく感性が豊かな人たちって、けっこういるんじゃないかと思います。 NHKのEテレでたまに放送されている"No Art No Life"という5分程度の短い番組。知的障がいの方がアート作品を作る過程を追った番組なのです…

これはいよいよ、ピンチです

新学期になってからドタバタ、トラブル続きの息子。いちばんの原因は、今年になって支援級の担任が変わってしまったことです。 先日の運動会も、今までの担任の先生なら、息子の不安な気持ちをキャッチして安心させてくれただろうし、無理なく参加できていた…

わかっちゃいるけど…やっぱり、ツラい!

昨日は息子の小学校で運動会が行われました。今年度に入ってから支援級の担任が変わったり、支援級在籍メンバーの入れ替えがあったりして、学校で落ち着いて過ごせなくなってしまった息子…運動会に関しても、今年度は競技に参加せず、係の仕事のみを頑張る!…

声にならない叫び声

息子のサポートとして学校へ行く日々が続いています。今週末に運動会があって、練習やら係別の打ち合わせやら、息子にとっては苦手な場面のオンパレード…その時々で必要に応じて、私が息子に付き添うこともあります。 昨日は係別の打ち合わせに、私も同席さ…

敏感な息子が苦痛に感じること

発達障がい児であり、スターシード的にはゴールデンチルドレンである息子は、ものすごく敏感な性質を持っています。 そんな息子が特に苦手というか、苦痛に感じてしまうことがあって…それは「怒られる」というシチュエーションです。自分自身が怒られる場合…

ライトワーク、めっちゃエネルギー使う!

今年度に入って、学校での困りごとが増えてしまった息子のために、必要に応じて親の私が学校へ行ってサポートする生活が続いています。 現段階で、息子が学校で困っていること… ・5年生の教室の雰囲気がダメで、基本的には入れない ・支援級の教室も、メン…

やっと、違いを認められた…かも?

地球上では発達障がい児であり、スターシード的にはゴールデンチルドレンである息子。幼い頃から、ずっと友達の輪に入れずにいました。 こども園の入園式で、息子は最後まで式場に入れませんでしたし、記念撮影の輪にも入れずに他の親子をさんざん待たせてし…

学ぶって、こういうこと?

5月に入り、息子の小学校にサポートとして通う生活が始まりました。 私が関わるのは、朝の会が行われている時間帯と、その他に1日1時間。行く時間帯は曜日によって違うのですが、その時間になったら学校へ行き、支援級の部屋に顔を出して先生から課題をも…

大事なのは、やっぱり愛です!

最近話題にすることが多い、昨年度まで息子の支援級担任だった先生について…見た感じは、穏やかな雰囲気の若い女性の先生です。 この先生、特徴ある子供たちひとりひとりの特性に応じて、いろいろと対応して下さっていました。多動傾向のある子に対しては、…

人は決して怖くない

うちの子供たちは2人ともスターシードであり、上の娘はクリスタルチルドレン、下の息子はゴールデンチルドレンです。 宇宙由来の魂を持っているせいか、幼い頃は2人とも、とにかく人を怖がっていました。普通の人にとってはどうってことないこと…例えば急…

これが私のライトワーク

ここ最近の悩みの種である、息子の新学期問題。集団生活が苦手な息子にとっては、支援級の先生の存在が本当に大きいのですが…今年新しく担任になった支援級の先生が、真面目なおとうさんタイプの先生で。先生は息子と遊ぼうとはせず、息子も自分を出そうとは…

先生に対する、意外な格付け

学校のことでここ最近悩んでいた、ゴールデンチルドレンの息子。今日は久しぶりに学校へ行きましたが、ひとまず落ち着いて1日過ごせたようで、よかったです(^_^) 学校では教室に入れない息子ですが、一旦学校を離れてしまえば友達とも普通に話せますし、苦…

まずは土台を作ること

発達障がい児でありゴールデンチルドレンでもある息子が、新しい支援級担任の先生に不信感を持ってしまい、学校に行けない事態に陥っています。 息子が先生に不信感を持った原因は、本当は5年生の教室に入りたくないという自分の気持ちを先生に言えない状況…

ゴールデンチルドレンと学校

新学期になって1週間。発達障がい児であり、ゴールデンチルドレンでもある息子は、早いもので5年生になりました。 昨年度までの担任の先生は、支援級の先生・学年の先生ともに、敏感な息子の特性を理解して寄り添ってくれる先生たちでした。強いて言えば、…

先生たちの、本当の想い

今日は子供たちのホースセラピーの日でした。暖かく、天気も良く、絶好のセラピー日和! 先日も書きましたが、ホースセラピーをしてくれるこの牧場は、4月いっぱいで一旦事業休止をすることが決まっています。何の前触れもなく突然手紙が届いた衝撃とか、事…

今を乗り越えれば…大丈夫!

今日から子供たちの新学期が始まりました。娘は中2に、息子は小5になりました(^_^) 新学期はクラス替えとか、担任発表とか、子供たちにとってはドキドキですよね。うちの子たちの学校は小規模なので1クラスしかなく、クラス替えは無いのですが…担任の先生…

ゴールデンチルドレンの育て方?

まもなく5年生になる息子、スターシード的にはゴールデンチルドレンです。 ゴールデンチルドレンについて、以前このブログに詳しく書いたことがあるので、よければ読んでみてくださいね。 https://hattatsumamajuan.hatenablog.jp/entry/2020/10/07/112537 …

優しい世界の住人

発達障がいを抱える子供たちを持って、よかったなぁ…と思うことがひとつあります。それは、彼らの中にある世界が限りなく優しいことです。 発達障がい児が持つ純粋さに触れ、彼らの持つ独特な世界観を受け入れてくれる人たちは、彼らのことを優しく見守って…

勇気ある第一歩

以前ドテラのアロマに関わっていた頃、私と同じように発達障がい児を持つママさんと一緒に、発達アロマ講座を立ち上げたことがあります。その当時は私自身ドテラのアロマを愛用していましたし、うちの子供たちもドテラのアロマが大好きでした。 きっとドテラ…

敏感すぎる人の、想像を絶する苦労

久しぶりに、うちの息子について。地球上では発達障がいの診断を受けていますが、実際にはスターシードであり、ゴールデンチルドレンでもあります。 そんな彼の特性のひとつ…敏感すぎるのです。彼にとって想定外のことが起きるとパニックを起こし、その体験…

信じて進むしか、ないよね!

発達障がいを抱える子供たちを育てていくことは、常に不安と心配が付きまといます。集団教育が主体である今の日本で、どうしても「できない」部分にフォーカスしてしまい、この先ちゃんと生きていけるんだろうか…そんな心配をしてしまうんですよね。 例えば…

大人の階段を上る

ここ最近、娘のことでずっと悩んでいたことがあります。 発達障がいを抱える娘は、中学1年生です。幼稚園時代は特別支援学校の幼稚部で過ごし、小学校時代は地元の学校の支援級に通っていました。そして今は、地元中学の普通級に通っています。 娘にとって…

現実逃避のツール

中学1年の娘。発達障がいの診断を受けていますが、実際にはクリスタルチルドレンです。とにかく純粋で、不器用ながらも一生懸命なのが特徴です。 そんな娘、最近ハマっているのが文房具集めです。インターネットでハイスペックなシャーペンとかボールペンを…

サンタクロースとチルドレンたち

ちよっと時期が過ぎちゃいましたが…我が家のサンタクロースのお話です。 子供たちが物心ついた頃から、我が家はサンタクロース作戦を開始しました。我が家の場合は、子供たちが事前にサンタさんへお手紙を書いて、そのお手紙を窓の近くに置いておくとサンタ…

まだ見ぬ未来への不安

地球上では発達障がいの診断を受けていて、実際にはクリスタルチルドレンである中1の娘。とにかく純粋なのが特徴です。 そんな娘…自分にどんどん課題を課してしまい、自分を追い込んでしまうところがあって、たまに大爆発してしまうことがあります。ついさっ…